業界スポットライト:日本国内の格安航空会社
ショッパー

業界スポットライト:日本国内の格安航空会社(LCC)

2018年8月17日 | 更新しました 2022年2月21日
  • 日本では格安航空会社のマーケットの歴史は比較的浅く、まだまだ成長の余地があります。
  • 競争が激化するにつれて、企業は、着実な収益性へとつながる最適な道を見つけるために、大きな変化と合併を開始することでしょう。
  • 最近発表されたPeach Aviationとバニラ・エアの合併は、トップ5が1年後には大きく様変わりするような大変革をもたらす結果になると予想されます
  • 政府の規制は、日本のマーケットが、日本周辺の国で低予算で旅行するという国内旅行市場において、既存航空会社と格安航空会社が競争することを遅らせるようなものになっていました。2012年頃に行われた国内および海外旅行の規制自由化後にようやく、格安航空会社の第一号が日本の旅行者にサービスを提供し始めました。2017年4月から2018年3月に最も訪問数の多かった格安航空会社の上位5ウェブサイトは、
  • jetstar.com – ジェットスター・ジャパンはカンタス航空、日本航空そして三菱商事の共同出資によって2012年設立。
  • skymark.jp/.co.jp – スカイマークは、最初の航空規制緩和後に国内の独立系航空会社として1998年運行を開始。
  • flypeach.com – 格安航空Peach Aviationの最大株主は全日空。
  • vanilla-air.com – バニラエアは前身のエアアジアジャパンから社名を変更し、2013年に設立。
  • ch.com – 春秋航空は日本で7路線を結ぶ中国の格安航空会社。

2018年3月、全日空は、「アジア地域をリードする格安航空会社になることをゴールに掲げ」、格安航空子会社2社のPeach Aviationとバニラ・エアの合併の計画を発表しました

Peachとバニラの事業補完戦略

これら5つの各サイトへのトラフィックを主導するソースの内訳はどことなく似ているものがあります。flypeach.comとvanilla-air.comのマーケティング戦略がどう異なり、しかし補完的であるということを見るにはもう少し深く掘り下げていく必要があります。

全てのサイトの最大のトラフィックの割合はオーガニック検索で、flypeach.comは51%となり、最大の割合を獲得しています。このトラフィックでは90%以上がブランド検索です。このブランド検索トラフィックを足すと、ダイレクト・トラフィックの割合から、flypeach.com への全訪問数の80%がそのブランドを認知し、それを指定して選択しているユーザーがベースになっていることがわかります。高いブランド認知度は、ブランド愛と長期的な安定と成功を示しています。

逆に、vanilla-air.comは、ブランド検索においてこのグループ内では最低の割合であり、ダイレクト・トラフィックも最低となっています。バニラ・エアのトラフィック戦略は、非ブランドキーワードにより大きくフォーカスしています。それは、特定の路線や目的地に関連する一般的な人気検索用語で広範にわたってこの格安航空会社のグループで独占的な位置にいるためです。

結論

Peach Aviationとバニラ・エアの合併の決定は、とても強力なものであるように見えます。合併後は、現時点でより高いブランド認知度を誇るPeachブランドの下で営業を続けることがすでに提案されています。バニラのSEO能力を顧客獲得戦略にプラスすることで、デジタルマーケティングにより総体的なアプローチをとることができ、完成された企業を生み出すことでしょう。

 

この投稿はSimilarwebの法的通知および免責事項の対象となります

シミラーウェブがどのようにお役に立てるのでしょうか?

今すぐシミラーウェブを使い始めるには2つの方法があります!