新型コロナウイルス、日本とグローバルで業界別インパクトを追う(4月11日)
インベスター

新型コロナウイルスの主要業界インパクトレポート(5月16日)

2020年5月22日 | 更新しました 2021年10月31日

最終アップデート:5月16日

新型コロナウイルス の感染拡大で、最も影響を受けやすい業界のデジタルデータからそのトレンドを追跡したレポートの最新版をお届けします。シミラーウェブでは、デジタルデータからわかる消費者およびビジネスのオンライン動向を分析した、グローバルならびに日本の業界別レポートを定期配信しています。日本版第7週目となる今回のレポートは、5月16日までのデータを反映して作成されています。

各国で始まる都市封鎖解除への動き

グローバル規模で都市封鎖の緩和が始まり、日本でも緊急事態宣言の一部解除がなされました。こうした、いわゆる「出口戦略」が進む中で、各業界のトラフィックは安定化しつつも徐々に収束への兆しを見せ始めているとも言えるでしょう。

今週の業界別トラフィック概要はこちら。

1_ local JP Corona – Traffic Momentum” src=”https://e.infogram.com/js/dist/embed.js?Jh2″]

2_local_JP Corona – Traffic Momentum” src=”https://e.infogram.com/js/dist/embed.js?BzK”]

オンライン会議プラットフォーム

トラフィック増加率は、4月をピークにゆっくりと下降傾向にあります。

ネットスーパーとフードデリバリー

ネットスーパーは5月から、フードデリバリーは5月中旬に入りトラフィックが下降し始めました。緊急事態宣言の解除により、店頭で直接購入する機会が増えてきた影響なのかは引き続き注視していきたいと思います。

旅行およびイベント関連業界

引き続き減少傾向にありますが、減少幅が徐々に少なくなってきていますが、一部業界では下げ止まりと見える動きも出てきています。

本レポート内で紹介されていない業界のトレンドにご関心のある方は、弊社までお問い合わせください。

 

これまでのレポートダウンロードはこちら:

【第1週】(3月26日)
【第2週】(3月30日)
【第3週】(4月6日)
【第4週】(4月11日)
【第5週】(4月18日)
【第6週】(5月2日)

この投稿はSimilarwebの法的通知および免責事項の対象となります

シミラーウェブがどのようにお役に立てるのでしょうか?

今すぐシミラーウェブを使い始めるには2つの方法があります!