「夏の大会」は、Netflixへの一般的なアクセスパターンを崩しました。

ほぼ毎週末、このストリーミングサービスへのアクセスがあったのに対し、7月24日と25日はアクセス数が減少し、その次の週末(7月30日から8月1日)には再び増加しました。

7月30日に日本が獲得した2つの金メダルは、消費者の関心を高めるのに役立ったはずですが、最もトラフィックが減少したマーケティングチャネルはどこだったのでしょうか?

多くの消費者がNetflixをブックマークし、ウェブサイトに直接アクセスしていますが、「夏の大会」はソーシャルとEメールに最も影響を与えたようです。7月31日からの週末は、これらのチャンネルの1日のアクセス数が50%減少したことから、消費者がメールをチェックする時間が減り、ソーシャルメディアを継続的に利用する傾向になり、結果的にストリーミングサービスから離れて時間を費やすことになった、と考えられます。

「夏の大会」のSimilarwebのデジタルトラッカーへのアクセスはこちら

この投稿はSimilarwebの法的通知および免責事項の対象となります

シミラーウェブがどのようにお役に立てるのでしょうか?

今すぐシミラーウェブを使い始めるには2つの方法があります!