ログイン

【実践編1】

オンラインマーケットでの消費者ニーズを自社の製品戦略に活用する 

精密機器メーカーがペット用カメラを市場に投入する、と仮定してオンラインでのペット用品への消費者行動に注力します

シミラーウェブを使って楽天やアマゾンから消費者ニーズやトレンドな把握し、製品化するための確かな意思決定を行うためのデータを入手する方法をご紹介します。

楽天やアマゾンで上位にランク入りしている需要の高い製品やブランドを探り、需要に合った商品の出品や開発、既存商品の改善に活かす事で売上だけではなく自社ブランドへの信頼向上につながります。

このウェビナーでは、楽天やアマゾンといった大規模なオンラインマーケットで上位にランク入りしている商品を特定します。シミラーウェブを使うことで消費者がその商品やサービスにたどり着くまでの検索キーワード、そしてその商品の需要の高い季節性などを把握することができます。

 

【紹介する内容例】

  • キーワードからトレンド商品を把握する
  • トレンド、季節性などから、小売店が注力すべき商品を特定する
  • 消費者がどのように検索しているかを示すキーワード群の構築 
  •  消費者の需要時期を把握するための季節性の把握
  • サイト内検索で出てきた商品をもとに、より深い分析で需要の高い製品やブランドを探る

シミラーウェブでできること

  • 変化する市場の理解
  • 競合他社のベンチマーク
  • 消費者行動の把握
  • 集客・ブランディング・コンバージョン向上の支援

 

【開催日時】 2021年10月13日(水)14:00-14:45

対象ご参加者

消費財メーカーをはじめとするウェブサイト管理・運用ご担当者様、新規事業開発ご担当者様、ビジネス戦略、マーケティングご担当者様、消費財メーカーその他業界や他社ウェブサイトへの消費者行動を把握して自社ビジネスを伸ばしたい事業会社様

Q&Aについて
本ウェビナー開催中にはご参加者の皆様よりご質問を受け付けます。
シミラーウェブをより有効に活用する方法、自社のデジタルパフォーマンスを最適化する方法についてご質問をお待ちしております。

プレゼンターについて

Ryo Taira| 平良 亮
クライアントサクセス統括 SimilarWeb Japan株式会社