ログイン
顧客のEC事業を継続するために不可欠だったのは客観的な「データ」による事業の可視化
富士ソフト株式会社が提供するEC事業を展開する顧客企業の経営層への理解を導くためにのデータドリブンな提案と施策とは?

データによって消費者のリアルタイムなニーズを捉え、行うべき施策が明確に。経営層にも数字という確かな根拠を示して説得できるようになった。そして多くのECサイトで売上な大幅な回復を達成した他、データに基づいたコミュニケーションが活発化し、社内での横の連携が広がった、という

『競合関係にある他社比較が数々のデータで行われ、経験から得ている感覚をデータが裏付けている。これはぴったりだ、と感じました。数字という根拠でお客様にご納得いただける適切なコンサルティングやご提案ができると思いました』

藤田晃宏 氏

ソリューション事業本部 ネットビジネス事業部長/エグゼクティブフェロー, 富士ソフト株式会社
『競合とのベンチマーク機能では、お客様と私たちがそれぞれライバルと思われる企業をピックアップし、滞在時間や直帰率などのベンチマークを行い、他社との差を広く見渡して具体的な対策を考えていきます。』

川相 剛之 氏

ソリューション事業本部 ネットビジネス事業部 ECソリューション部 第一技術グループ主任, 富士ソフト株式会社
『シミラーウェブは、分析に基づいて仮説を立てトライして数値を上げる、というサイクルを短期間で回せるので、ECとの相性の良さも感じています』

永井 一磨 氏

ソリューション事業本部 ネットビジネス事業部 ECソリューション部, 富士ソフト株式会社