ログイン
「知らないことは何か」ーヤマハのリサーチグループがSimilarwebを使って行った「課題」発見の道程とは?
「Similarwebのエバンジェリストを目指している」と語るヤマハ株式会社の濱崎氏に聞いた。

主力製品であるピアノやギターなどの分析から見えてきたことは、「バーチャルピアノ」や「オンラインチューナー」といった、これまでの競合定点観測からは知り得なかったキーワードから流れ込んでいるトラフィックの大きさだった。デジタル世界でユーザーがどこに集まっているのかを店舗と同じように可視化し、その理由を分析することで、データに基づいた販売戦略を策定することができた。

自社のデータや市場調査だけでは見えないのがオンラインでの消費者行動。どのタイミングで何に興味を持ち、どんなキーワードで検索しているのか?

Googleアナリティクスだけでは見えないSimilarwebを使ったヤマハ様の事例を是非ご覧ください

Similarwebは我々に”課題”を見せてくれました

濱崎 司 氏

ブランド戦略本部 マーケティング統括部 UX 戦略部 カスタマーリサーチグループ リーダー, ヤマハ株式会社