ログイン

経済活動が世界規模で大きく変化したことで、我々消費者の行動や生活にもパラダイムシフトとも呼ぶべき変化が起きています。そうした中で消費活動のデジタルシフトは、最も顕著に変化した部分と言っても過言ではないでしょう。

実店舗で行われていた購買がオンラインに変わり、各種サービス提供でオンラインプラットフォームが採用され、個人レベルでオンラインの会議ツールが利用されるようになりました。

こうしたデジタルシフトが起こる中、小規模だったプレーヤーの急速な台頭や、「勝ち組」のプレーヤーの衰退など、各業界で勢力図が大きく変わることも容易に予想されます。改めて自社のビジネス戦略を見直すためには、業界トレンドの現状を把握し、モニターすることで、マーケティング戦略・営業戦略・投資戦略に反映させていくことが必須と言えるのではないでしょうか。

今回のウェビナーでは、大きく3つの業界を例にとって、こうしたデジタル動向の「読み方」と、それを具体的なアクションに変えるインサイトの取り出し方をご説明します。マーケティング戦略はもちろん、データドリブンな営業や投資活動にも活用できる最新のデジタルインサイトをお届け致します。

開催言語:日本語

開催日時:終了

アジェンダ:

  • ネットスーパーの最新動向
    • ネットスーパー需要
    • 主要ネットスーパーへのトラフィック推移
    • 主要ネットスーパーへの流入キーワード
    • フードデリバリーサービスとの比較
  • ゲーム業界2020年前半の動き
    • ゲーム業界のトラフィックトレンド
    • Nintendo Switch & PlayStation
    • アプリストア上位キーワード
  • コスメ・化粧品業界の最新利用動向
    • 時系列で見る化粧品業界の最新利用動向
    • 「興味」「関心」ステージの消費者行動から得られるインサイト
    • メーカー様にお勧めするシミラーウェブの活用方法

プレゼンターについて

Shinichi Sato | 佐藤 真一
Solution Engineer シミラーウェブ

シミラーウェブ・ジャパンのソリューション エンジニア。プリセースル活動の一環として、CPG、物流、テレコム、金融など様々な業界に関するデジタルトレンドの調査を日々行っている。

Masayuki Suzuki | 鈴木 雅之
Client Success Engineer シミラーウェブ

主にクライアントへのデジタル分析レポートやプロジェクトレベルでの調査などを担当。Google AdWords(現Google Ads)黎明期の2002年、Googleに参画し、米国本社とともにプロダクト開発やトレーニングに携わる。その後、複数の外資系IT企業やWebメディア企業で運用型広告を中心としたデジタルマーケティング業務に従事。

Keiko Zeltzer | 鎌田 桂子
Sales Development Representative シミラーウェブ

世界第2のシリコンバレーと呼ばれるイスラエル在住歴16年。これまで、オンラインゲーム、Eコマース、貿易業など数多くの分野のB2Bパートナーシップ、グローバルなプロジェクトマネジメント、カントリーマネージメントを経験。現在、シミラーウェブ・ジャパンのメンバーとして、イスラエル本社より日々の営業活動に当たる傍ら、シミラーウェブを活用した各業界のデジタルインサイトを広める啓蒙活動を行う。